スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊椎狭窄症治療の診断の結果

身体・健康
05 /21 2013


姉の選んでくれた病院まで、車で1時間半ほどでした。

車中にて、子供たちが持参したKis‐My‐Ft2のCDを掛けてほしいとせがまれCDを流すことに。

すごいですね、低音が。

こんな曲が子供たちに人気があるのですね。

ドンスカパンパンおうえんだんとかは、もう聞かないのでしょうか。



病院についてからは初診の問診票を記入したり、MRIなど色々と検査をしてました。

病院は座るところが無いほどの盛況っぷりでしたが、予約を取っておいたおかげか診察などはそれほど時間は掛かりませんでした。

検査後の診察までの待ち時間は長かったですが。



今の時代は良いですね。

ニンテンドーDSという子供が夢中になれるものがあるので、子供たちには騒がず、愚図らずなんとか乗り切れました。

今からコンピューターゲームを覚えては、ちょっと将来が心配ですが。





診断結果ですが、脊椎狭窄症はそれほど悪くはないそうです。

手術は必要ないだろうとのことです。

足腰の痛みはリウマチが原因のようです。

部位としては股関節部分のリウマチが影響している可能性があるようです。



母は、太ももの前面部の方に痛みがあり、脊椎狭窄症の場合は太ももの裏側に痺れや痛みが出るそうです。

足の痛みが改善されないのは残念ですが手術が回避出来たのと、痛みや痺れの原因が判り一歩前進したので良かったです。

今度はリウマチ治療の良い病院を探さないといけませんね。




コメント

非公開コメント

yamahiro

気ままな独身ライフを送る40代男性です。日々の出来事や、色々と思った事をつらつらと書いています。

所有車
三菱 i(アイ) CBA-HA1W
H23年式 グレード(T)
主に通勤に使用

マツダ ユーノスロードスター E-NA8C
H5年式 グレード(Sスペシャル)
1.8Sr.1の5MTで、趣味で使用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。